落ち着いた内装にゆったりと流れる時間、滋味に富むおいしい料理、そしてこだわりのお酒。大人の隠れ家に必要な要素を、すべてハイレベルで満たしているお店が、今回ご紹介する「升屋 東銀座店」です。銀座のビジネスマンが足繁く通うというこのお店の魅力を探ります。

 「銀座には競合店も多く、お客様も舌の肥えた方ばかり。そうしたお客様にご満足いただくには、一筋縄ではいきませんね」と答えてくれたのは、店長の永井さん。「たとえばこの3センチの鉄板。比熱が高いため、鉄板全体の温度が冷めにくく、さまざまな食材を安定的に焼くことができます。普通の鉄板で焼いたものとは、ひと味もふた味も違ってきます。食材はもちろん、調理器具にもこだわることで他店との差別化を図っています」。鉄板メニューのオススメは『山賊焼き』とのこと。厚い鉄板でゆっくりと焼き上げるため、肉質が柔らかく仕上がるそう。

 「自家製甘辛だれがかかった『山賊焼き』は、ビールとの相性が抜群です。女性でも2、3人前召し上がる方もいらっしゃいますよ」。ちなみに『山賊焼き』とは長野県の郷土料理で、山賊が「取り上げる=トリアゲル=鶏揚げる」と掛けたのが名前の由来だそうです。
東銀座の喧騒からちょっと離れて、うまい料理とうまい酒を味わう。
名物の『山賊焼き』に合わせたいのが、アサヒスーパードライ。辛口のうまさが、素材のうまさを引き立てる。
 

「お酒にも当然こだわっています。ビールはアサヒスーパードライ。辛口のうまさが素材のうまさを引き立ててくれます。『山賊焼き』はもちろん、アッツアツの『フレンチフライ』にもぴったり。当店の『フレンチフライ』は、ローズマリーとタイムの香りを効かせたオリジナルメニュー。スーパードライとの相性も抜群です!」。揚げたての『フレンチフライ』をほお張りながら、スーパードライをゴクリ。想像しただけでノドが鳴ります。
 
 「焼酎も、芋、麦、米とそれぞれラインアップを揃えています。一家言のあるお客様も多いですから。私たちも、日々勉強。さまざまな焼酎を飲んで試しています。もし“こんな焼酎が飲みたい”というものがありましたら、ぜひご相談ください。希望にぴったりの一杯をご提供できると思います」。もちろん、焼酎に合うおつまみも各種用意しているとのことです。

洗練されたクリアな味、辛口。 アサヒ スーパードライ

 「一つひとつの料理に対し、仕込みにしっかりと時間をかけているため、そのおいしさには自信があります。たとえば女性に人気の『手作りもっちり豆富』は、毎日お店で仕込んでいる逸品です」と永井さん。「カウンターもありますので、お一人様でもご遠慮なくご来店ください。しかもカウンター越しに鉄板焼きの臨場感をダイレクトに感じられるという特典もありますよ」。モダンな内装に、暗めの照明、半個室の席でレイアウトされた店内は、まさにビジネスマンの癒し空間と呼ぶにふさわしい造り。これぞ大人の隠れ家。気の置けない同僚とじっくり飲むもよし、銀座デートの帰りに立ち寄るのもよし。「升屋 東銀座店」は、さまざまなシーンで活用できそうです。

 「こだわりの料理とお酒。そして落ち着いた店内。3センチの鉄板を使った鉄板料理と手作り豆富を、東銀座の地にあって手頃なお値段で提供しています。ぜひ一度ご来店ください!」。
さまざまなシーンで利用できる「升屋 東銀座店」は、まさに“大人の隠れ家”。

チムニー トップに戻る

Copyright(C) ChimneyGroup All Rights Reserved.