Home > 会社案内 > ご挨拶

会社案内


ご挨拶

 日頃はチムニーグループへ、格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

 「逆境の今だからこそ、チャンスに変える」と考え、安全・安心・美味しさとともに、楽しい空間と時間をお客様に提供する食の総合サービス産業への発展を目指し、地元はもちろん世界中のお客様に真心をこめておもてなしをしてまいります。



3つの指針


お客様にご支持いただけるサービスの提供

 今年は、「おもてなしの心」「感謝の心」「真心」の3つの「居酒屋の心」を機軸に、居酒屋だからこそできることに挑戦してまいります。人と人との交流が居酒屋の最たるところです。お酒を片手に会話を弾ませ、料理をシェアしながらほっとする瞬間、そこに居酒屋の存在価値があります。企業理念である、「お客様から『ありがとう』をいただく」ことを使命と考え、「出会い・語らい・憩い・癒しのサービス」がご提供できるよう、挑戦してまいります。


共同領域と競争領域の分断と並存

 外食産業を取巻く厳しい環境を乗り越えるためには、共同と競争を切り分け、同時進行させることが必要だと考えます。同じ業界内での共同、つまり商品仕入れや物流などでの共同領域の拡大強化と、他業界への共同領域波及による新たな価値創造を目指してまいります。
 2018年11月に株式会社つぼ八の株式34.0%を取得し、持分法適用会社となりました。チムニーグループとつぼ八社との店舗合計は988店舗となり、中期目標に掲げていた1,000店舗をほぼ達成することができました。2017年6月にはマルシェ株式会社の11.2%(対発行済株式総数)を取得し、筆頭株主となっております。北海道に強いつぼ八社(241店舗)、関西に強いマルシェ社(462店舗)、関東に強いチムニー社(747店舗)が共同領域で相互に強くなりつつ、競争領域では、お客様に喜んでいただけるよう、お互いに切磋琢磨してまいります。2017年4月にワインに着目したぶどう事業部、12月にオムライス・ハンバーグなど食事需要をメインとした66洋食事業部を事業譲受により発足いたしました。アライアンスによる新業態の開発にも力を入れてまいります。


6次産業化深耕と、地産地消・地産全消の進展

 当社は、生産・加工・流通販売までの一貫した六次産業化体制の深耕を目指しております。また、47都道府県に出店している強みを活かし、その地域の食材を活用した、旬のご当地メニューをご提供する地産地消と、全国に水平展開する地産全消を推進しております。
 全国から鮮魚・活魚など水産物の地域調達を強化し、仕入れ先は全国で約70社となりました。地元食材を活用した旬のご当地メニューで、地域の方々に愛される店舗を拡大してまいります。2016年3月に設立した子会社「大田市場チムニー株式会社」では、大田市場での仲卸事業に参入し、「活魚」「活貝」「活じめ鮮魚」を関東エリアの店舗へ出荷しております。
 ブランド力を磨き、ご家族で、職場の皆様で、地域の方々で、またお一人でのお食事と、お客様のそれぞれのシーンで、くつろぎながらその店で一番美味しい「一灯商品」を楽しんでいただける店作りを進めてまいります。

 お客様はもちろん、お取引先様、株主様、FCオーナー様、従業員、あらゆるステークホルダーと共に繁栄し、最高の品質と心のこもったおもてなしを通じて、「地域社会の人々の、健康で豊かな社会の実現に貢献する」という願いを実現していく所存です。チムニーグループにご愛顧とご支援を賜りますよう、役職員一同心よりお願い申し上げます。


2019年
チムニー株式会社
代表取締役社長 和泉 學

To Page Top

Back To Category Top