Home > 会社案内 > CSRへの取組 > 環境・社会問題

会社案内


Environmental and Social Contribution Activities 環境・社会問題

環境負荷軽減に積極的に取り組むだけでなく、事業の成長が社会問題の解決に比例して繋がるCSV(共通価値創造)経営に取り組んでまいります。

省エネルギー、省資源を中心とした CO2 排出削減に取り組みを行っています。



  • 電気使用量、見える化の導入

    電気使用状態を店舗の全従業員がいつでもチェックできる"見える化機器"を導入。(一部店舗にて)
  • LEDライト

    順次店内照明をLEDに変更。

  • 空調自動制御システムの導入

    空調の自動制御を行っています。(一部店舗にて)

  • 管理強化

    点灯箇所をわかりやすくする為、照明スイッチにシールを貼り不要な箇所の消灯に努めています。
    店内温度は、冷房28 ℃、暖房20 ℃を維持し、環境省の推奨温度に設定しています。



  • 運用改善コンサルティングの導入

    (一部店舗にて)

私達チムニーグループは「食」に携わる企業として社会に貢献するべく、
お客様のご来店増に比例させて、栄養失調児の食事となる「栄養治療食」を国境なき医師団が提供する支援を行っています。
またこの取組は主体的に希望する店舗が行う形をとり、お客様によりご来店いただける「心のある店舗づくり」へのモチベーションに
繋げています。

支援活動結果

2018年11月度 2018年累計 2017年 2016年 2015年
■ 参加店舗数 231店231店177店舗191店舗95店舗
■ 客数昨対増加人数 40,460名 増加159,538名 増加27,478名 増加235,683名 増加55,973名 増加
■ 支援金額 404,600円1,775,080円274,780円2,356,830円559,730円
■ 栄養治療食支援食数  12,138食53,252食8,243食70,709食16,792食





「国境なき医師団」と
取り組む理由

  • 安全や時間など、直接的な支援活動が困難なところで活動されていること
  • 中立・独立・公平な立場で医療・人道援助活動を行う民間・非営利の国際団体であること
  • 緊急性の高い医療ニーズに応えることを目的としていること
  • 活動は、ほぼすべて民間からの寄付で行い、独立性が非常に高いこと
  • 情報公開性が高いこと

国境なき医師団とは

非営利の国際的な民間医療・人道支援団体です。
医師たちが中心となって1971年にフランスで設立されました。
その活動は、独立性・中立性・公平性を維持し、人種、宗教、政治の関わりを超えて差別することなく援助を提供しています。

国境なき医師団 公式サイト

国境なき医師団



To Page Top

Back To Category Top